和風料理を知れば今よりもっと料理が上手になれる!すぐ活かせるノウハウ

魚を料理する時の調理手順の解説に頻繁に出る霜降りと言われる方法を知らないと言う人は意外に多いのではないでしょうか。一体そうする理由は何か、どこから手をつければ良いのか、理由を理解出来れば煩わしい手間についても納得するのではないでしょうか。ダイコンやナス等を使った浅づけはいつも食事に加えたい副菜でしょう。浅漬を手作りするときの塩の分量の加減は、素材を基準にだいたい2から3%を心がけましょう。食塩のみで作っても十分と言えますが、生姜あるいは昆布、または鷹の爪等も一緒に寝かせると味わいと旨みも浸み出します。浅漬けを作ると食塩の浸透圧の働きで野菜に含まれる水分が出ますので、沢山の容量でも一回で食べることが可能となります。要は、それだけ緑黄色野菜が持つ栄養分を取り込むことも出来る訳です。塩の摂り過ぎには配慮しながら、普段からいただきましょう。
保育士求人福岡県